3月18日 “torneと新型PS3”
 今週末から新型のPS3(CECH-2100A)の出荷が始まるようだ。
 スペック上は200g軽くなっているだけだが、おそらくRSXが45nm化されたのではないだろうか。
 であれば、逆ザヤが解消することになり、(ソフトを売ることでこの逆ザヤを解消させる)ゲーム機ではなく高機能メディアプレイヤーとして販売しても、ビジネスモデルが成り立つ状況になるはず。
 同じタイミングでtorneが販売開始されることからも、「PS3はゲーム機ではない」という当初の戦略に舵を戻すのかなと思ったり。個人的には本当に戻して欲しいのだが。
 各家庭のインフラが、PS3を活かせる状況になりはじめている中で、なにか期待してしまう。
 早く寝るつもりが、帰宅後、PS3でアップサンプリングされたCDをじっくり聴いてしまった。


3月17日 “BOSE 101MM在庫限り”
 なにげなく除いたBOSEのサイトで目を疑いたくなる文字が。101MM「在庫限りで販売完了」
 時代の流れというか、世代交代というか。
 BOSEが今の路線になるきっかけになったモデルだと個人的に思っているので、ずっと販売し続けて欲しかったというのが正直な気持ち。
 101MMでも、大きいと思われるようになってしまったのか、視聴スタイルが変わったのか、いずれにせよ、それほど売れなくなったのは事実だろう。
 販売店舗に行ってみると、101シリーズが全てなくなっており、単体スピーカーの陳列がとっても寂しくなっていた。
 


3月16日 “部分最適”
 吉野家が新たな顧客獲得策として、小盛りの提供を開始するらしい。
 牛肉の対応といい、値下げのタイミングといい、個人的になんだかなぁと思ってしまう。
 女性の顧客を獲得するのであれば 居心地のいい長居できる空間というのが必要だと感じている。
 マイクドナルドが、店内改装を進めているのも、スタバにはあって、マクドナルドにはない空間を提供するためであろうと勝手に推測している。
 でも、それは同時に、回転率と顧客単価低下を覚悟する必要もあって、そのバランスを保つために全体的に見直しをするというのが、基本のような気がするのだけど。


3月14日 “公園”
 公園と言っても、近くの競馬場。
 しばらく週末外で遊ぶことができなかったので、近所の公園よりは競馬場の方が存分に遊べるかなと。
 今日は競馬開催日ではなかったので、無料で入れて、しかも人も少なめ。
 ミニ新幹線に乗って、フワフワやエアジャングルジムで飛び回って、ブランコに乗って、短時間でいろいろ遊べてとっても楽しかった様子。
 Yuiは遊び疲れて、昼もあまり食べずにお昼寝。
 午後からは、ちょっと家のことと、午前中に届いたμDACを試してみる。
 評判通りで、最初に出てきた音は、買ったことを本当に後悔する音。でも、次第にそれがいい方向に変わっていくのがわかるくらい劇的に音が変わる。
 もうしばらく鳴らし込んでから、レビューした方がよさそう。
 本体カラーは迷ったあげくに赤を購入。Webで出ている写真とはまったく赤で正解。もっと深みがあって落ち着いた色。
 LEDも青ではなく、赤にして欲しかったなぁ。
 ともあれ、これでオーディオ関係のシステム更新も一段落。
 


3月13日 “ハネナイト”
 買い物に出掛けた際にハネナイトを見付けたので、早速スピーカーとフローリングの間に挿んでみる。
 さすが衝撃、振動吸収、静音性に優れた制振ゴム。音がぎゅっとしまって、定位が非常に安定した。
 今まで、スピーカー本来の性能を出せていなかったようだ。
 音楽を聴いていて、久しぶりに鳥肌つ。
 このところ次のシステムをどうしようかななんて、ちょっと浮かれていたけれど、いやいや自分には今のシステムで十分。
 いろいろな音楽をじっくり聴いてみよう。
 もうひとつ。ハネナイトと一緒にカッターの替え刃を買ってきたのだけど、黒刃というついつい惹かれてしまうものをセレクト。
 あとで調べたところ表面に青色酸化皮膜をすることで、黒くなり、刃も錆びにくくなるとのこと。
 切れ味も鋭くなくなった(より硬いもので切っている)感じがした。


3月12日 “まい泉”
 今日のお昼は、まい泉 青山本店。
 本当は、松林の牡蠣の天ぷらを食べるはずだったのだけれど、残念ながら臨時休業。いや本当に残念。
 今シーズンの牡蠣はもう難しいかな?
 さて、まい泉の方は大盛況。タイミングがよかったので、待たずに座ることできた。
 お店が有名になっていくと、市価より高くしたり、必要以上に店舗を増やしたりする傾向もあったりするけれど、ここは比較的リーズナブルなまま、本店そのものを拡張しているのがいいのうだろう。
 外国人のお客さんもそれなりに入っていて、手軽に日本の料理を外すことなく食べることができるんだなぁと。
 ちょっとレトロな店内と制服も、多分外国人にとっては新鮮なんだろうな。


3月7日 “DAC”
 このところ週末の天気が冴えない。でも、自宅でゆっくり音楽や映画を見ることができて満喫していたりするのだけれど。
 稼働率の低かったプロジェクタやCDプレイヤーが大活躍している。
 そんな中、ちょっと試してみたかったのがPCオーディオ。
 CDをすべてHDDに保存してしまって、ジュークボックスのように再生できるのは非常に魅力だ。
 iPhoneやiPodTouchから、デジタル出力するという方法もいいと聞くけれどね。今のところPCが気になっている。
 DACをどうしようかなと悩んでいる一方で、ものは試しと、ロスレス圧縮した音源をステレオミニプラグからアンプに繋いで再生してみる。
 結果は、聴けたものではない。やっぱりDACは必須といったところだろう。なんて購入機運を高めていたりするのだが。
 最有力候補は、Nuforce icon uDAC。
 こうやって、ちょこちょこはまっていくんだよなぁ。


3月6日 “音”
 とっても気になっていたBlu-ray「Chris Botti in Boston」が届いたので、夜スクリーンを下ろして、一人でゆっくり鑑賞。
 確かに、評判通りすばらしい。演奏中は釘付けに、その後はとっても幸せな気分になれる。まさに最高の贅沢かもしれない。
 DVDとBlu-rayの大きな違いは、音だと最近よくわかったのだけど、まさにそう実感できるすばらしい録音。
 この違いを体感できれば、Blu-rayの普及ももう少し加速するのかなと思ったり。
 でも、なかなか音までというのも手が伸びないのが、現状だろう。
 テレビの方も映像だけでなく、もう少し音にコストをかけてくれてもいいような気がするのだけど。それが、海外ブランドとの差別化に繋がるだろうしね。
 特にSonyはそのあたりが一番強いはずなのだけれど。
 ちなみにこのBlu-rayもSMEだったりしてね。
 
 



2009
Mar. / Feb. / Jan. /
2008
Dec. / Mar. / Feb. / Jan.
2007
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Feb. / Jan.
2006
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2005
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2004
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2003
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2002
Dec. / Nov. / Dec. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2001
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2000
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
1999
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.