6月29日 “自転車好き”
 もうちょっとでハワイだよ。飛行機に乗って行くよ。とYunaに言い聞かせていたら。
 「ハワイ。ちりんちりん。」と答えた。
 いやぁ。さすがにハワイまで自転車で行くのは、無理なんですけど・・・。妻と大笑い。
 久しぶりのハワイ、今からとっても楽しみだ。


6月27日 “京王線完全案内”
 先週末頃から沿線で見かけるようになった散歩の達人ムック本。
 ちょこっと立ち読みしたら、いつも行っている「南方郵便機」や意外と知らないお店なんかが載っているので購入してみた。
 そういえば、沿線の途中下車の旅をしてみたいと学生の頃から思っていたのだけれど・・・。未だ実行に至らず。
 カメラ片手に気になったものを記録、疲れたらちょっと気になったお店で一息と。
 気になったら試してみるというようなことをしてみたい。
 今だと楽天ブックスが期間限定で全商品送料無料キャンペーン実施中みたい。

 京王線完全案内


6月25日 “イヤ!”
 嫌々病というほどではないけれど、嫌なことはハッキリ「ヤッ!」プイってするようになった。
 主張するようになってきたのであろう。
 パパが嫌われるのも時間の問題か・・・。嬉しくもあり、悲しい。。。
 Yunaのパスポートを受け取るため、新宿へ。
 受け取る際、Yunaはちょうどお昼寝タイム。でも、寝ていても問題ないようだ。
 ドコモだけのマスコットを見つけたら、突進してなにか遊んでいた。
 自分より大きかっただけに怖がるかなと思ったけれど、どうやらそうではないらしい。


6月24日 “旅行計画”
 友達の家で旅行の打ち合わせ。
 と言っても、子供たちはそのようなことはどうでもよく、最初は警戒していたものの二人で仲良く遊んでいた。
 終いには、隣の家に上がり込んでしまう始末。
 ハワイでも、きっとこの様に仲良く遊ぶんだろうな。
 結局、打ち合わせといってもほとんどなにも決まらず、子供たちは楽しく遊ぶことができて大満足の様子。
 まぁ、往復の飛行機と宿泊場所は確保してあるから、どうにでもなるだろう。
 あとはレンタカーを予約しておかないとね。


6月23日 “写真”
 これから本番のW杯だけれど、日本は残念ながら予選敗退。
 ルールがわからなくても、それなりに評論できるスポーツの方が盛り上がるということを十分に証明したように思う。
 個人的にはプレーや結果について、どうこういうのは好きでないのだけれど、個人を叩くのが大好きなマスコミは早速。。。
 イチローと中田を比較していたりするけれど、そのことになんか意味があるのかな?
 企業の広報担当の立場で比較する話はわかるけれどね。(CMのキャラクターとか)
 イチローもそうだけれど、今回の中田の活躍、行動はまさに別格。下の写真がそれを物語っているように思う。
 象徴的な一枚だと感じた。

日経 World Cup2006 写真特集


6月22日 “対抗”
 たまにはモデルに関する雑感。
 競合他社という言葉が存在し、対抗モデルというものもある。
 マクロ的にみれば、対抗モデルというのはありだと思うが、広義、つまりサービスに関して対抗というのには疑問を感じている。
 対抗サービスを。なんていっているようでは、独自性がなく顧客にとってもなんの魅力もなくなるだけではなく、莫大な出費が嵩むのではないかと思っている。
 対抗して競争しているつもりが、実は先を行っている事業者の後を追っているだけ。なんてことになってしまうのではないか。
 自分が把握している限り、対抗モデルを掲げている企業のほとんどが、対抗すること以外にプランが存在しないというのが事実。
 日本人らしいと片付けてしまえば、それまでだけれど。。。


6月21日 “低価格化”
 ちょっと知らないうちにどんどん値段が下がっていて驚くことがある。
 また、リサーチしているうちに価格がみるみる下がっていくのもまた、嬉しいものだ。
 でも、安いなりに理由があるんだろうなと思いつつ、それがなにか調べずにいられないのは性だろうか?
 調べていた結果、その原因がハッキリしたりするとなんかとっても嬉しいものだ。
 それを元にコストパフォーマンスを考慮し、購入するかどうか決める。
 仕事の上ことは、具体的なことを書くことができず残念だけれど、個人的に調べてわかったものはできるだけ公開することが利用的だよね。


6月19日 “東京競馬場花火大会”
 最近「東京競馬場 花火大会」キーワードでのアクセスが増えているので、メモ。
 毎年7月中旬に開催される東京競馬場の花火大会。地元のためということもあり、日程もあまり公にされず、打ち上げ数の割には、ゆっくりと楽しむことができる。
 自分の中では、もっとも好きな花火大会。
 でも、今年(2006年)度は、スタンド工事のため中止だそうな。。。残念。


6月16日 “パスポート”
 Yunaのパスポートを申請するため、朝一番で都庁まで。
 事前にここで調べて9時台が空いているらしいので、無駄な時間を費やさないためにもその時間に。
 雨が降っていたということもあり、待ち時間なしで申請できた。申請終了までの時間10分以内(移動時間含む)。
 係の人曰く、いつも朝は空いているけれど、今日は中でも特別ということ。いずれにせよよかった。
 で、ちょっと疑問に感じたことがひとつ。未成年者ということで、本人確認書類も「法定代理人(親権者か後見人)の本人確認書類をご提示いただければ本人の書類を省略することができます。」という記載があったので、Yunaの健康保険被保険者証などは敢えて持って行かなかったのだけれど、なくても大丈夫だけれど、あった方がいいとのこと。
 それならそう書いておいてくれてもいいのに・・・。建前かな?
 不安だった写真も、ばっちりサイズ調整して印刷していったので何も言われず。ちょっとにっこりしているのだけれどね。
 来週にはできることなので、日曜日にでも取りに行かないとね。
 本日の昼食は、外出していたため、丸ビルのクアアイナ。ポテトの量が激減していたのには、ちょっと驚いた。
 でも、ハンバーガーが1/3LBあるので、十分お腹いっぱいになる。これに慣れてしまうと、他のが本当に小さく感じてしまう。
 夜は一週間ぶりのプール。100mダッシュしてみたら、75m手前で息切れ。だめだめ。


6月15日 “文書力”
 日経コミュニケーションの編集長が、毎号わずか1200文字程度でまとめている一刀両断が素晴らしい。
 文章に無駄がなく簡潔でありながら、補足説明なども適切に用いるのでわかりやすい。そして氏の主張もハッキリしているので、読んでいる方も気持ちがいい。
 先日開催された某セミナーにてパネラーが最も主張したかったことを端的にまとめていたのは、さすがと思ったのだが、これほど短い文章でここまで書くことができる人はそういないと思う。
 自分が知らないだけかもしれないが・・・。
 わずか1ページで、今のトレンドを把握できたような気になってしまうのだから不思議だ。
 不定期に届くマイクロソフトからの貢ぎ物じゃなくてプレゼント。
 今回はSLIP-ONのButtero Rhodia メモカバー#11だった。なんかとっても嬉しいんですけど。


6月14日 “有給”
 有効に有給を使う日。
 午前中はYunaと二人でお留守番。
 午後からは妻もだいぶ疲れているようなので、二人で散歩に出かける。
 思う存分歩いたり、一緒に遊んでいると、途中で疲れてしまうのか、1時間もあればだいたいベビーカーの上でお昼寝してしまう。
 妻にゆっくりして欲しかったので、帰宅せずに公園に向かって本を読んだ。
 喫茶店などで、コーヒーを飲みながらと思ったのだけれど、天気もいいので、緑の下でゆったりとした時間を過ごしてみた。
 非常に気持ちがいいもので、本にも集中。こういう休日の過ごし方ってとても贅沢な気がする。
 前から気になっていた養老先生の本。過激なタイトルと感じた人には特にお薦め。
 ナチュラルに生きる(物事を考えられる)ヒントがたくさんあるかもしれません。

 


6月12日 “インフルエンザ”
 インフルエンザが流行しているらしい。
 例年この時期になるとほとんど終息するはずなのに、連休後から増加傾向にあるようだ。
 しかも、今シーズン流行したA型ではなくB型らしく、沖縄などでは学級閉鎖になっている様子。
 プール熱もそうだけど、本当に気をつけないと。。。
 先週はほとんど出張していたので、今日はその報告とまとめ、さっさと片づけたいところだけれど、なかなか・・・。
 ラミー サファリ ロイヤルブルーが2000本限定で、今月末から発売されるようだ。
 個人的にブルーは非常にきれいだけれど・・・。でも、値段も3,675円と安いのであっという間に売り切れてしまうんだろうな。

ラミー社の万年筆「サファリ」から限定カラーバージョンを発売


6月11日 “スモークチーズ”
 今日もまさに梅雨空。しとしと雨が降ってスッキリしない。
 急にスモークチーズが食べたくなったので、夕方からモクモクと始める。
 やはりたっぷり2時間かけて燻した方が、色合いもよく自分たちには好みに仕上がるような気がする。
 部屋の窓を閉め切っても大丈夫な季節しか、できないところがちょっと辛いな。
 自分たちの庭があれば、気兼ねなくできるのだろうけれど・・・。


6月9日 “水”
 ハワイウォーターを買い足すのを渋っている。
 確かに口当たりが柔らかい水なんだけれど、ちょっと高い。
 ボトルが水漏れをしたときの対応の悪さがちょっと頭にきているということもあるのだけれど。
 過剰な広告活動が一番気にかかっていたりする。
 それはさておき、最近気になっているのが、ブリタのポット型浄水器。
 評判もなかなか良さそうだけれど、どうなんだろう? 個人的にはまだまだ半信半疑なんだけれど。

 家庭用卓上ポット型 浄水器ブリタ アルーナ 1.9リットル 本体+フィルター1本付ブリタ アルーナ1.9l


6月7日 “東京横断”
 INTEROPに向かうためには、都内を横断しないといけない。
 何度行っても遠い幕張。ビッグサイトの方がまだ嬉しい。
 展示会の規模が毎年小さくなっているので、再来年辺りは???
 今日聴いてきたのは、ShowNet Technical Workshop。
 予想通り、時間が足りなかった。
 どうしてもみんな過去の歴史を話したくなっていたのは、ちょっと面白かった。
 一歩一歩段階を踏んでいかないと、今の技術はないという表れかな。


6月6日 “気になっている本”
 最近、本を読む機会が皆無といっていいほど。
 新聞、雑誌で精一杯。なかなか時間を割くことができていないのが原因のようだ。
 Amazonにアクセスすると、リコメンドの中に気になる本が、そこから辿っていくと・・・。
 いやいや、タイトルだけ興味をそそる本がたくさん。あっという間にショッピングカートがいっぱい。
 さすがにこれ全部というわけにはいかないので、そのまま今は買わないリストへと移動。
 で、下記の二つは早いうちに必ず読んでおきたいと思ったもの。
 養老先生の本は、ちょっと視点を変えてみたい時、冷静になりたいときはお薦めだと思う。
 感想は、読んでからと。その前に気になる本はしっかり読む習慣をつけよう。

   


6月5日 “無印ノート”
 いつも鞄の中には無印のシステムノート・方眼 A5サイズを入れて、ふと思いついたことなどをメモしているのだけれど。
 ストックを含め残りが少なくなってきたので、買い足しに行ったら、販売停止となっていた。。。
 で、代わりに買ってきたのがこれ。表紙印刷ノート・方眼。
 流行りの幅が半分しかないスリムノート。ちょっと使ってみて良さそうなら、今度は販売停止になる前に買い溜めしておかないとね。
 でも、なんとなく自分にはもう少し幅が欲しい。過去のノートを見てもほぼ全面使っているので、スリムである必要はないような・・・。
 再びA5の方眼ノートを販売してくれることを期待しています。


6月4日 “フレッシュ”
 今日も妻が出かけている間、Yunaとお散歩。
 しばらく公園で遊んでいたのだけれど、なんか初めてデートをしたときのような感覚だった。
 と思ったのも、ベンチに自分が腰掛けると、隣に座れという合図をする。
 そして、Yunaの隣に座ると、なんかこうその場の空気を肌で感じ取るような女の子独特の仕草(空を見上げて目を閉じてからにこって笑う)をする。
 やっぱり女の子なんだなぁと実感すると同時に、忘れてしまった新鮮さを思い出させてくれた。
 本当にいろんなことを教えてくれる。
 
 無料で手軽にオンラインショップを開設できる「Shopify」というのがあるらしい。
 話のネタ用にメモ。


6月3日 “お留守番”
初めて髪を結ってあげた
 卒乳できたということで、妻の行動範囲も少しずつ元に戻していきたいところ。
 半日ほど外出するということなので、まずは二人でプールへ。
 今日面白かったことは、バケツに水を入れて「おっもぃねぇ〜」と言いながら持ち上げ、自分で頭からかぶって喜んでいた。そして、高い高いから何度も潜った。
 少しずつ、水とどの様に接すると楽しいのか、自分で感じ、行動するようになってきたようだ。
 たくさん遊んだこともあり、帰り道に寝てしまった。そのままベッドに移そうとしたら逆に起きてしまった。
 一緒にご飯を食べて(なんと妻がいつも食べるのと同じくらいの量をぺろりと平らげた)、お散歩。
 ちょっと遊んだということもあり、再びお昼寝。今度は起こさないようにベビーカーに乗せたまま、近所をウロウロ回ってみた。
 府中駅を通りかかったら、いつもとは明らかに違う。人身事故で全線不通になっているようだ。
 妻に連絡を取ろうとしたら、先に電話がかかってきた。ちょうど帰ろうと駅に向かったら、止まっていたとのこと、ちょっとタイミングが悪かったね。


6月2日 “これからのテレビ”
 松下が提言している50inch以下では、フルHDはいらない。一方ナナオは、日本のリビングには26inchが最適。と、従来高スペックを売りにする日本企業らしくない提案を始めるようになったと感じる。
 個人的には、この二つの意見には現実的だと思っている。
 確かに家電量販店やイベント会場では、より大きく高精細のテレビに目がいってしまいがちだけど、あれほど近距離で、しかも集中して視るようなことは、まずない。
 で、ちょっと計算してみると、例えば32inchでフルHDとした場合、画素のピッチは0.36mm、HDの場合は0.51mmとなる。
 ちなみに現在のアナログ放送(SD)の場合は0.82mmになるので、今視ている環境(距離)で、1画素を見極めることができないのであれば、多分オーバースペックというのだろう。
 50inchの場合、フルHD:0.58mm、HD:0.81mm、SD:1.3mmとなる。
 26inchでは、フルHD:0.29mm、HD:0.41mm、SD:0.66mmだから、数値から判断すると、前述の両者の主張は、更々間違っていないと思う。
 ちなみにPCのように近距離で見るなら、0.15mmのピッチぐらいでも見分けることができるはず。
 ただ、もっと重要なのはスペックやコストの話ではなく、何が映し出されるかということ。視聴者やユーザー不在の議論がなされ、高品質の環境で視る必要があるのかと疑問があり、今の環境で十分だと思う番組がほとんどだろう。
 ここまで情報化社会が進んでいるのだから、以前よりは遙かに使う側の意見を拾う条件は整ったはずなのだが、逆行しているね。
 高精細な映像を視たいと思う一方で、まだいらないという意見が多いのは、こんなところに原因があるのかな。 個人的には、ワールドカップはフルHDで視るより、450inchのディスプレイを使ってスーパーハイビジョンで視てみたいな。


6月1日 “不合理で無駄なこと”
 最近特に息苦しく感じる。唯一感じないところといえば、プールの中で無我夢中で泳いでいるときくらい。
 本当に寂しいことだ。ふと、なぜにそう感じるのかちょっと考えてみた。
 答えは、すべてにおいて合理化を求めすぎているのではないかということ。
 ここでいう合理化とは、生産性を向上させるために技術や投資、プロセスなどを最適化することである。
 これが、普段のプライベートな時間にも拡大し、ちょっとした寄り道を無駄なこととして排除しようとしてしまう。
 プールの中が居心地がいいのは、確かに泳ぎ方に関して合理化(最適化)を求める(最適に泳げば疲れずに長く、そして速く泳げるから)が、それ以上の合理化は考えないからだと思う。1km以上泳ぐことは、自分の体力から考えると無駄にエネルギーを浪費するだけだ。なんてことは、アスリートでなければ考えないだろう。泳げそうなら、もっと頑張ってみる。疲れているなら、ペースを落とす。などは極めて自然な流れだ。
 不合理なことを無駄なこととすれば、それには、美意識とかこだわりとか、生き甲斐を全て排除することに繋がってしまう。
 購買行動に関しても、コストパフォーマンスのいいものだけを購入することはないだろう。デザインが気に入っていたり、なにかに惹かれたりで購入するのが普通だろう。
 もっと無駄を大切に。
 無駄なことをしないと、創造活動はできないと、誰かが言っていたことを思い出した。


2006
May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2005
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2004
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2003
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2002
Dec. / Nov. / Dec. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2001
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
2000
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.
1999
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan.