10月26日 “見通し”
 最近自宅のPCを起動すると、ほとんどの確率でキー入力ができなくなる。
 再認識させてあげれば、使えるようにナルだけれど、なんともしっくりこない。
 立ち上げるたびに、USBを差し直したり、使用不可にして再スキャンなんてね。
 ふとBIOSを確認してみると、USB KeyboardがDisableになっていた。
 そういえば、USBのキーボードなんて使わないだろうなと思って、設定したような気が・・・。
 いやいや、先のことはわからないです。ホント。

10月25日 “運用開始”
 設定が終了したサーバを昼間のうちにマウント。
 業務終了後、旧環境を停止して、新サーバへの移行作業。データの移動に時間を要したものの、確認作業まで順調に進んだので、再起動をかけて安心して帰路に着く。
 翌日になって、トラブル発生。マスタブラウザが上手く動かずに、サーバが見えたり見えなかったりする。Host名、Hosts、lmhostsと全てを正確に書かなければいけないなんて・・・。(Sambaではその全てをみているようだ。)せめてHostsまたは、lmhostsどちらか一方でいいよね。
 設定中と運用後でIPアドレスを変更したので、現象に気付きにくかったし、ミスも考え得ることだったけれど、もう少し確認しないとね。

10月24日 “お宮参り”
 Yunaを授かって、早くも1ヶ月と10日が過ぎた。近くの大國魂神社へ、お宮参りに出掛ける。
 慣例に従えば、32日目にするのだろうけれど、まずは1ヶ月検診を受けて、経過がどうであるか確認したいところ。
 そんなわけで、検診を受けた翌週の今日と。天気もよく、ちょうどお宮参りにはいい日和。
 茨城の実家から、両親もやって来て、Yunaの顔を見るなり、ちょっと興奮気味。
 境内は七五三でいっぱいだったけれど、ほとんど待つことなく(タイミングがよかった)、祈とうできた。
 その間、Yunaは熟睡だったけれど、今後もこの1ヶ月のように順調に成長するよう親が代わりにお祈りしました。

10月23日 “25歳”
 自分の体年齢だそうだ。
 4歳ほど若い結果だけれど、確かに根性!!で、自分の体に鞭を打ち続けられるほど頑張ることができず、また、バテるタイミングも早くなっていると感じるようになってきた。
 なんとかこれに逆らいつつ、もうちょっと若い数字がでるように頑張ることにしよう。
 で、同時に測定された体脂肪の結果に。。。ハンバーガーを食べたからか、汗をかいていたからか・・・。う〜ん。納得がいかない。
 かなり落とすことができたんだけれどなぁ〜。本当の数字なのか、たまたまなのか。ハッキリさせたかったりもする。
 夜に大きな揺れ。新潟の方で大地震のようだ。まだ、状況把握ができないため、大きな被害がでていないようにみえるけれど、一夜明けると信じられないような光景が広がっているのだろうな。
 震災に遭われた方、お見舞い申し上げます。

10月22日 “複製”
 冗長化のため、サーバは2台構成。
 やはり一台構築し終えたあと、もう一台を構築するのは本当に楽。
 その後、設定とかでてくると、二台分やらないといけないので、面倒ではあるけれど、なにか会ったとき、ホットスタンバイで直ぐに入れ換えることができることを考えるとね。
 低コストで、信頼性も大幅に向上。短い期間で原価消却可能だろうなと、一人自己満足に浸ったり。

10月18日 “医療事故”
 関西医大の病院で、帝王切開時のミスで妊婦が亡くなったというニュースが・・・。
 その場にいる誰もが、赤ちゃんの泣き声を聞いて本当に幸せな気持ちになれる瞬間なのに、そうでないときも起きてしまうのだなと。
 出産による死亡は小数点の割合だけれど、ゼロではない。
 誰もがその少ない数字の方にならないようにと願う  やはり新しい生命が誕生するには、それ相当のリスクが当然ある。自分たちは絶対安産で元気な赤ちゃんが産まれてくるとみんな信じている。
 そんな期待に応えるべく、医者は を尽くしてくれる。  ママの顔を見ることなく誕生した赤ちゃん。どうかパパと一緒に元気に育ちますように。

10月17日 “散歩”
 検診で外気浴の許可がでたので、早速Yunaを連れてお散歩。
 散歩ついでにYunaのオムツを。。。妻が店内に買いに行っている間、外気浴。
 うとうと始まったと思ったら、眠ってしまった。
 起きていたら、もうちょっとと考えていたけれど、寝てしまったので、寄り道せずに真っ直ぐ自宅へ。
 本当にちょっとしたお散歩でした。まぁ焦らずにちょこちょこといこうね。

10月16日 “1ヶ月検診”
 Yunaが誕生して、もう1ヶ月が過ぎた。
 順調にみえるけれど、本当になにも問題ないのか。または、あんなことは問題なんじゃないのか、いろいろ気になることがある。
 そんな中での1ヶ月検診。本当に不安でいっぱい。ベビーカーに乗せて病院まで。
 病院までの道のり、そして病院の中でも本当に大人しかったYuna。経過もまったく問題な胃ということで、ほっと一安心。
 ここまで順調にきたのも妻のお陰。本当に感謝。そして、これからも元気に大きくなりますように。

10月10日 “新生活開始”
 3人での新しい生活が始まった。
 一週間ぶりに会う我が子は、かなりふっくらとして、ちょっと見ない間にもすくすくと成長しているんだなと、安心。
 しかも、ちょっとだけど、目で追うようになっている。
 この時期、いったいなにを考え、なにを感じ、なにを学んでいるのだろうと、興味がある。

10月6日 “さぼてんのとんかつ”
 目が覚めると、外はとても気持ちよく晴れていた。折角なので、洗濯をしてから出勤することにする。フレックスでよかった。
 お昼はさぼてんのとんかつ。といっても、社員食堂をさぼてんを展開している会社が、やっているので、さぼてんのとんかつ(ヒレ)定食があったりするのだ。
 注文してから、お肉を切ってあげてくれるので、アツアツのを食べられる反面、でてくるまでに10分程度かかるのが難点。
   プレートに乗らないくらいもの凄いボリュームだったので、夕食は抜き。
 今日はひたすらケーブル作り。指先が痛い。

10月2日 “休日出勤”
 今週予定していた作業がほとんど進まなかったので、今日も出勤して作業。
 折角妻と子が帰ってきているのに・・・。でも、遅れている分を取り戻さなければ、今後さらに影響してしまうので、致し方ない。
 休日だと、誰もいないので、邪魔をされることがなく、自分のペースできる。
 平日休んで、休日に働くことができれば、どんなに効率がいいだろうかなんて考えるものの、それもちょっと無理があるよね。
 順調に作業が進んだので、さっさと帰宅。家族が待つ家に帰るというのは、とてもいいものだ。

10月1日 “楽しみ”
 週末を利用して、妻と我が子が一時帰宅。
 来週から、本当に三人(実質ほとんど二人)で生活していくことができるか、見極めることも考えての帰宅。
 不安な気持ちでいっぱいの妻とは対象にずっと子供の顔を見られると自分はワクワク。
 久しぶりに自宅に帰る足取りが軽かったような気がする。

Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan. 2004
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan. 2003
Dec. / Nov. / Dec. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan. 2002
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan. 2001
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan. 2000
Dec. / Nov. / Oct. / Sep. / Aug. / Jul. /
Jun. / May. / Apr. / Mar. / Feb. / Jan. 1999