8月31日 “大雨。”
 自宅から駅へ向かう間は大丈夫だったものの、駅から会社への途中で激しい雨に遭遇する。朝、気がついて大きな傘を持ってきてよかった。
 こんな時のために、折り畳み以外の傘はできる限り大きな傘を買うようにしている。大雨の時は足下が濡れてしまうけれど、大抵の雨だったらそれもない。
 今日は、妻の友人が遊びに来る。そういえば、前に来たときもこんな天候だったような・・・。明日はテニス。いい天気だといいな。

8月30日 “あと二日”
 8月も今日を入れて残り二日。学生の夏休みもあと二日限り。当時、この8月30日頃が一番憂鬱な気持ちになったことを思い出す。
 宿題も終わり、かといってもう特にやることもなく、なんか一日中ぼけ〜ぇとしているうちに一日が過ぎていってしまう。そう時間を送っていることに罪悪感を覚え、憂鬱な気持ちへと繋がる。蝉の鳴き声が余計にうるさく感じる。なんかそんな自分を笑っているかのように思え・・・。
 今となっては夏休み自体がないのだから、そんな気持ちにならずに済む。学生時代の思い出。楽しいこと、悲しいこと、そして恥ずかしいことたくさんあった。それが、今の自分を作り上げてきたのだろうね。

8月29日 “まずは整理から”
 職場の机周辺をきれいに片付けた。不要な書類は古紙回収箱へ、もう一度内容毎に分類し直して整理する。
 日頃から心がけて整理していても、徐々にそれが崩れていってしまうので、たまにはこうやって身の回りをきれいにする。整理された環境での仕事は非常にやりやすく、効率も上がる。まずは、整理することから始める。学生の時からの習慣でもある。
 整った環境で、一から出直す気持ちで・・・。

8月28日 “集中力”
 今日は一日内勤だった。ずっとPCの画面と格闘・・・。
 しかし、学生時代に比べ集中力が長続きしなくなってしまったような気がした。学生時代は朝から晩までPCの画面を見ていてもほとんど疲れなかったのに、今となっては1時間ともたない。それだけに作業効率があまりよくない。
 なぜなのか? 変わったことといえば、パーティションで区切られた環境でなくなったことがひとつ。やはり、人に見られるということがプレッシャーになってしまうのか。PCが満足なスペックを満たしていないというのがもう二点目。調子がいいときに待たされるのが影響しているのか。いずれにせよ。このままではよくない。

8月27日 “スコール”
 最近雨が降ると、スコールのような激しい雨ばかり、シトシトと雨音をたてて一日中降っている雨というのがなくなってしまった感じがする。
 先日の新聞でも、日本の気候は東南アジア諸国の亜熱帯気候に近くなっているといった記事が載っていたけれど、まさにその通りかもしれない。サイパンなどで経験したスコールとなにも変わらない。これもまた、地球の悲鳴なのかな?
 すべてのことはまず、小さな一歩から始まる。リサイクルにせよ、省エネルギーにせよ。少しずつ一人一人が心がけていくしかないだろう。

8月26日 “散髪”
 妻と二人で、髪を切りに出かける。生まれて初めての経験。お店の人が気を遣って、隣通しの席にしてくれたものだから、本当になんか変な感じ。なんか落ち着いて髪を切られることができないといった感じだ。
 なんか照れくさいというか、隣に座っていることが気になるというか・・・。これまで経験したことのない異様な気持ちになる。
 髪を切りに行くというのは、あんまり一緒に行くものでもないのかな?

8月25日 “睡眠不足”
 昨夜は珍しく夜更かししていたにもかかわらず、いつも通りに目が覚める。習慣とは恐ろしい。でも、目覚めて起きあがったものの、激しい眠気が襲ってくる。久しぶりに体験する睡眠不足。
 そんな中で、コンサートに行ってしまったのだからもう大変。目を閉じて聞いていると、ふと意識が飛んでしまうこと数回。このふと寝てしまうということは、内容がよくないとでてくる癖みたいなものになってしまった。
 部屋に戻っても眠気は治まらず、ご飯を食べてソファーに横になっていたら、いつの間にか寝てしまっていた。

8月24日 “復活”
 家のPCが直らない限り、今後の仕事にも支障がでてくるわけで、定時に仕事を切り上げて、再び原因究明に取り掛かる。
 そして、ついに見つけましたよ。CPUかマザーかどちらかかと思っていたけれど、BIOSすら起動させない原因は、メモリにありました。昨日も接続をちゃんと確認していたのだけれど、それが甘かったみたい。取り外して、掃除して付けなおしたら、無事元通り何もなかったかのように起動。ほっと一安心。
 出費なしで、元通りになり本当によかった。でも、価格も驚く程下がっているし、メモリを買ってきてしまおうかな?

8月23日 “起動しない”
 部屋の片隅に眠っていたCD-RをPCに接続するべく、作業を始めた。しかし、そんな何気ない行動がとんでもない事態を引き起こすことになってしまった。
 繋ぎ終わって動作確認OK。じゃカバーをつけて、もう一回電源を入れてみる。あっあれっ???BIOSが立ち上がってこない。うにょ〜ん。しばし、呆然。
 それから午前中の間、延々と各パーツを付けたり外したり繰り返してみては、立ち上げてみるものの・・・反応無し。ついに壊れてしまったのか・・・。けど、何が壊れたのか特定できないから、余計に気がかり。
 PCのことが気に掛かったまま、支店へミーティングに参加。積極的に意見交換する。やるからにはいいものを導き出さないとね。手応えを掴んで帰宅。しかし、帰るとやっぱりPCのことが気になってしまうのであった。

8月22日 “間引き”
 台風の影響で、電車が間引きして運転されていた。もともと本数が少ない路線だけに、それが間引きされてしまうとなると、ホント一時間に一本の世界・・・。ひぇ〜。こんなところに住みたくないよぉ〜。
 しかし、なぜ間引き運転をしているのか? 理由が全くわからない。台風といえど、雨風共に、普通に降るときと大差ない。それなのに、電車は本数が減っている。なぜなんだ? 理由をはっきりと利用者に伝えてください。といったところ。
 なんかまた、殿様商売に戻ってきてしまったのかな? 民営化になって驚くほど、対応が変わってきたと思っていたのだけれど・・・。

8月21日 “小さいのに広い”
 ホンダのフィットに乗せてもらう機会があった。ここ最近最もよく売れている車。
 乗ってみて、なるほどこれならよく売れるはずだと一人納得してしまった。ヴィッツといいフィットといい、このクラスの車は市場のニーズを把握して、とてもよくできている。結構狭いんじゃないかなと思わせつつ、実際は驚くほど広い。ホント大人4人十分に乗れる広さだ。それでいて、あの価格、燃費とくれば、抜群のコストパフォーマンス。車に走り以上の追求をしないのなら十分すぎる。
 今度買うなら、大きい車がいいなとずっと思っていたけれど、そればかりじゃないんだなと思い始めた今日この頃。でも、まぁ当分先のことだろうな。

8月20日 “サメは怖い?”
 最近、サメが海水浴場に現れ、大騒ぎになっているニュースをしばしば見かける。一体どんなサメが現れたのだろうと思って、よく聞いてみればシュモクザメではないですか・・・。俗に言うハンマーヘッド。なんか結構かわいい顔をしているやつだ。
 このサメを見るため、数年前にわざわざ伊豆の先端まで行ったことがある。結局、その日目的としていたハンマーヘッドにあうことができず、凄く悔しい思いをして帰ってきた。
 ダイビングをしていると、結構サメに出会うことがある。今まで見た最も大きなものは体長が2.5mぐらいあった。しかし、サメは海の中では非常に臆病者だ。近づこうとしても逃げていってしまう。せいぜい近寄れて10m程度。
 恐れて捕獲するものもあれば、追い求めて潜るもの有り。サメにしてみれば、どちらがうれしいことなのかな?

8月19日 “昼からビールは最高”
 6時半起床。昨夜の睡眠で一週間分の疲れが完全にとれたようで、快調そのもの。よかった。
 プールに行くと急にお寿司に食べたくなる。お寿司といったら、次はビール。そんな訳で、さっさと買い物を済ませたあとは、お寿司を買って部屋に戻り、真っ昼間からビールを楽しむ。く〜ぅ。美味しい。先日1ダースもビールを持ってきてくれた友達に大感謝。
 お酒はあまり飲めない方だけれど、普段働いている時間帯に、ゆっくりとお酒を楽しむことができると、その開放感から非常に美味しく感じることができる。こうやって、日々楽しみを感じながら生活したいものだね。

8月18日 “熟睡”
 昨日から続いている体調不良のため、昼頃友達を見送ったあとは、夜親に会う予定をキャンセルして、ずっと睡眠。なんか起きているのがやっとという感じ。熱はないものの、ひどい頭痛に襲われる。
 何時間寝たのだろうか? だいぶ体調も快復したけれど、やっぱり本調子ではない。でも、きっとこれは寝過ぎたせいであろう。明日は元気に気持ちよく目覚めたいものだ。
 でも、昨日お腹がキリキリしていたのは一体なんだったのだろう?

8月17日 “ホームパーティ2”
 友人が実家に帰省したついでに我が家に遊びに来るということで、その他の友達も誘って楽しく晩餐。いつもは、二人で静かなこの部屋もこの時ばかりは、非常に賑やかになる。本当はもっと沢山の人を呼んで楽しくやりたいけれど、部屋のスペースを考えるとこれくらいが限界かな?
 でも、話が盛り上がる頃、自分は体力の限界がきて熟睡。本来ならいろいろと持て成すべきところなのに、本当にごめんなさい。これに懲りずに、また遊びに来て下さいね。今度は、もっと早い時間から始めないとね。

8月16日 “未だに”
 朝晩はだいぶ涼しくなってきて、もうそろそろ夏も終わりに近づいているのだろう。
 この夏、我が家の冷房は一度も使われることがなく、済んでしまいそうである。妻が冷房嫌いということで、昼間家にいるときも、なんなく乗り越えてしまったようだ。寝苦しく感じた夜は3,4回。その際は、扇風機が大活躍したが、冷房の出番はなかった。電気代もそう高くならずに済んだであろう。
 風通しのいい部屋。洗濯や掃除を考えると、あまりいいとも言えないけれど、夏場の涼しさを考えるととても過ごしやすい環境だ。

8月15日 “終戦記念日”
 56回目の終戦記念日。56年もという人もいれば、56年しかという人も、戦争に対する思いは人それぞれ。
 でも、56年前の今日のこの日。日本国民のほとんどが同じ気持ちを感じたに違いない。しかし、自分たちにはその本当の気持ちは一生かかっても知ることができない。そこには、自分たちが想像しきれない世界があったに違いない。
 パールハーバーという映画が上映されている。この映画が日本国内で上映されることに対して、中国や韓国の人のように反発してもいいと思うのだけれど・・・おかしいのだろうか?

8月14日 “VBA”
 仕事上、ちょっとしたことをやるのにVBAを使い始めた。業務用のアプリケーションが決められている中では、なにか作りたいときの選択が限られてしまう。自由気ままにやりたいのは山々だけれど、与えられた環境の中で、それを最大限に活用することは大切なことであり、自分の成長にも繋がると思う。
 まぁ、いろいろ試行錯誤しながらやっているけれど、意外にも結構いじれることがわかる。速度や安全性などは別として・・・。
 知らないと損するとは、こういうことかもしれない。

8月13日 “刺激”
 毎朝の通勤時間がマンネリしつつある。というのも、以前大学に通っていたときに比べ、人と中吊り広告の数が圧倒的に違うからである。
 電車の中の中吊り広告。これが結構楽しみだったりする。見出しだけだけれど、一度に多く情報を仕入れることができる。あとは、その中で興味があるものをだけをより深く追い求めればよい。また、人もそうである。みんなそれぞれに違う服装をし、持ち歩いているものも様々。その中からいろんな刺激を受けることができる。
 しかし今や、中吊りは1ヶ月以上同じものが吊らされたまま。駅から会社に歩いている時なんて、数えられるくらいの人としかすれ違え合えない。本当に退屈だ。

8月12日 “移行”
 5年2ヶ月ぶりにプロバイダを乗り換えることに決めた。今度のプロバイダはReSET.JP。1Gのフリーディスクスペースと、Web上の統合環境。そして、将来性に強く魅せられての決断である。まぁ、DTI開設当初の中心になったスタッフが独立して作ったということで、前々から気にはしていたのだけれどね。
 しかし、本当に久しぶりのメールアドレスの変更である。これが想像していた以上に大変。とりあえず、変更項目をピックアップしてリストを作り、その後はMUAの設定変更に戸惑う。今日はここまで。なんとなく妻の顔色を伺っての作業。ずっと、PCに向かいっぱなしになってしまうからねぇ。
 この移行作業、今週いっぱいはかかってしまいそうだ。ちょうど終わった頃に、Yahoo!BBが開通するといいのだけれどな。いつになるのかな?

8月11日 “意識朦朧”
 ゆっくり起きて、プールで軽く泳いだあとは、妻の実家へと向かう。両親が楽しみにしているPCを持って・・・。
 二人で共用するということで、最初Outlook Expressを設定したものの、あまりの使いにくさに愕然。違うMUAをインストールして設定していたら、結構時間が経ってしまった。知らず知らずの間に時間は結構過ぎてしまうものだよね。
 帰路は本当に辛かった。新宿あたりで激しい眠気が襲ってくる。本来ならちょっと休んでから、運転すれば良いだろうけど、さっさと帰ってゆっくり休みたい気持ちが優先し、ひたすら車を進める。本当に気力で帰ってきた感じ。本当に無事で何より。

8月10日 “リターン”
 出向中に事故が発生した関係で、急遽そちらの現場確認に向かうことになる。もうちょっとで帰れるところだったのに、会社とは逆の方向の現場へと向かう。なんか振り出しに戻ってしまった感じだ。
 よりによって、今日は車がなくてミッションのハイエースでの出向。途中、海水浴客などによる渋滞もちょこっとあったりして、片道50kmの道のりは結構辛い。まぁ、でも何も問題が発生しなくてよかった。確認作業だけで終わる。でも、会社に戻った頃は既に就業時間が過ぎていた。早く帰ろうと思っていたのに・・・。

8月9日 “有給”
 疲労がたまってきて、また風邪をひいてしまわないよう今日は有休をとる。
 昨夜寝たのがだいたい10時。今朝起きたのが9時。11時間。妻と二人よく寝たものである。これまでの疲れがなんとなくとれる。明日出ればまた休み。そう考えただけでも嬉しくなる。
 プールや買い物などを済ませ、のんびりと一日を過ごす。最終的な答えをなかなか決められなかった式のプランも今日で一段落。ほっと一安心。会社の福利厚生で安くなることに気が付いて良かった。どんどん活用しなければ、本当にもったいないよね。

8月8日 “チャンス到来”
 噂や評判というのは、どこへ伝わるか分からないわけで、コンピュータ関係なら使えそうだということで、支店で開催されるワーキングのメンバーに選出される。
 入社して一年。様々な仕事がどのように流れていくのか大幅に掴むことができ、それと同時にいろいろとやりたいことが出てきた。そんな中、今回メンバーに選ばれたということは、絶好の機会だ。これまで見てきた変なシステムができないように誠心誠意頑張ろう。

8月7日 “ダルダル。”
 まだ、火曜日だというのに、体が非常に怠い。朝の目覚めも悪く、気が付くと6時。7時出勤パターンとなる。
 となると、問題になってくるのが、電車の混み具合。この体調でずっと座れないのは辛い。普通の通勤列車ならともかく、あの電車では・・・。
 そんなわけで、気が付くと特急列車に乗っていた。久しぶりの贅沢? 座れる上に静かでとっても幸せ。
 あぁ、静かな電車で通勤したいものです。

8月6日 “うれしいこと”
 気の合う同期に恋人ができたようだ。なんか自分のことのように嬉しい。
 非常に優しいやつなので、尽くし過ぎるところが少々心配。時には、自己中心的になってもいいと思う。それと、あまり投資しないように・・・。
 これまで、寂しかったり、辛かったりした分幸せになって欲しいね。

8月5日 “テニス”
 青空の下。と書くと響きがいいけれど、実際は曇り空の涼しい中、近くのテニスコートで思う存分テニス。本当は妻も一緒に連れて行きたかったけれど、今回は頭痛が酷いということでパス。妻をおいて、一人約束の場所に出かける。
 前回やったときは、あまりの暑さで30分ともたなかったけれど、今回は曇っていてちょうどいい感じ。気持ちよい汗を流す。やはり、思いっきり汗を流すことは気持ちがいいね。

8月4日 “苦痛?”
 念願の週末。朝はなかなか起きることができない。なんとなく体が重く、気の済むまでずっとこのまま横になっていたい。
 けれど、いたずら大好きな妻がそうさせてくれない。隙を狙って、攻撃を仕掛けてくる。攻撃を交わすために身をかわすと、わずかながらエネルギー消費。そして、脳の方も徐々に冴えてきてしまう。これが、寝起き直前の幸福のひとときが崩される瞬間。悔しさが込み上げてくる。
 こうなると、もう妻のねらい通り、目がさえてしまって、もう寝ていることもできない。毎週こんな調子で、休日が始まる。トホホ。

8月3日 “でんこちゃんグッズ”
 特定のPR館ででんこちゃんグッズが販売開始になった。これまで、会社のPR用として、選ばれしものの手に渡っていたでんこちゃんグッズ。これからは、本当に欲しい人の手にもお金と引き替えに届くようになる。
 本当に沢山のものがあるのだけれど、どの程度まで販売されるのかは、まだよく分からない。早速PR館に行ってみようかな? ほとんどのものが販売されるとなると、身の回りのものを結構揃えられそうだ。

8月2日 “奪われたノート”
 通勤途中に大活躍していたノートだけれど、その活躍も一週間経たずに、妻に譲ることになってしまった。
 やっぱり専用のものが欲しいようで、中古で安いノートを買うという選択もあったのだけれど、欲しいものをそうそう買ってもいられないので、結局今自分が使っているノートに白羽の矢が立った。
 決まってからは、動くのが早い。フォーマット、セットアップときて、もうあとは妻の手に渡るのみ・・・。
 移動時間等で結構便利だったのに、これからその時間をどうしましょ? 妻からは、携帯をiモードにしてメールでやればといわれたけれど、親指タイプはやっぱり嫌い。

8月1日 “気付かれないスイッチ”
 ねぇ、ここにスイッチがあるの知っていた?と突然妻に言われ、ふとその壁を見ると、なんとそこにはスイッチがあるではないか。
 この部屋に引っ越ししてきて6ヶ月間。全く気づかずにいたようだ。この部屋には、まだまだ謎が潜んでいるということなのか。
 そんなわけで、6ヶ月目にして気が付いたこのスイッチ。結構いい場所に付いており、意外と重宝している。なぜ、これまで気付かなかったのか・・・。

Jul / Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan 2001.
Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul /
Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan 2000.
Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul /
Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan 1999.