6月30日 “ひたすらに”
 今日もまだ、声が出ない。おまけに熱はないものの頭がぼぉ〜っとしていて、なんとなく怠い。しかし、逆転の発想?で、思いっきり体を動かしに行く。怠い怠いで、ずっとダラダラしていてもよくないかなと・・・。
 喋る必要もないので、ただひたすらに泳ぐ。泳ぐ。泳ぐ。熱がでたり、声が出なかったり、なんかムシャクシャしていたので、本当に気持ちがよかった。体が自然に泳いでいた様な感じ。リラックスして、水と一体になりながら・・・。
 体の方は、だいぶ回復したようだ。後は喉だけ、いつも以上にのどが渇き、麦茶の消費量もいつも以上。

6月29日 “声を失う?”
 仕事中、話をしていると、どんどん声がかれて、最後にはでなくなってしまった。いろいろ、話したいこともあるのに、本当に辛い。声が出ない。
 必要最低限のことしか喋らずに、喉をセーブ。ちりちりとした痛みがずっと続く、このまま声が出なくなってしまったらどうしよう?などという余計なことまで考えてしまう始末。ホント早く治って欲しい。
 こんな時、チャットで会話ができると便利なんだろうなと真剣に考える。電話だって、こんな時は余計なものでしかないものね。

6月28日 “気持ちだけでは”
 もう大丈夫だろうと、今日は出勤。しかし、やっぱりなんかダメみたい。このまま、ずるずる週末までこの風邪を引きずってしまうのだろうか? そう思って週末の予定をすべてキャンセル。本当に突然で申し訳ないことをした。体調不良で、逆に心配を掛けたくなかったので・・・。
 帰宅後、すぐにダウン。8時半頃に就寝。ここ数日、いつも以上に眠りにつくのが早い。十分に睡眠をとって、明日には快復しますように。

6月27日 “期待薄?”
 新聞に7月に予定されているNTTのフレッツISDN・ADSLの値下げが250〜300円程度になるという記事がでていた。Yahoo!BBの影響を受けて、もっと思いっきり下げて勝負してくるかなと思ったけれど、期待を裏切られた感じ。我が家の常時接続は当分先のことになりそうだ。
 しかし、この低価格化の勝負。法律というルールによって、NTTが不利になってしまっているようにも思える。すべてのサービスを一括して提供できる一般業者とインフラしか提供できないNTT。NTTが一括したサービスを提供できるとしたら、もっと安くなる様にも思える。しかし、・・・。自由化で価格競争させつつ、その競争に大手が勝ちそうになると独占禁止法で、競争を妨げる。そんな変な自由化のように思えてならない。

6月26日 “風邪。”
 やはり夜中になって、熱がでる。いつもの風邪だ。しかし、これまでと違って、妻がずっと看病してくれる。本当に嬉しいこと。で、いつも以上に甘えてしまったりなんかして・・・。調子に乗りすぎるのもよくない。
 昼前に沢山汗をかいて、熱も下がる。毎回思うけれど、昼頃から喉が痛くなり、夕方怠くなり、夜に熱がでて、朝が過ぎると熱が下がるといった正確なパターンで風邪をひくのも珍しいだろう。そんなわかっているのなら、予防方法もたくさんあるのに・・・自己管理ができていませんね。

6月25日 “絶不調”
 昨夜、窓を開けて寝たのが良くなかったのだろうか? 朝からいつもにない眠気がする。昼近くなると、さらに喉の痛みが酷くなる。まずい、風邪をひいてしまったようだ。そろそろ、有給をとって一日ゆっくり休まないといけないなと思っていたけれど、間に合わなかった様だ。ここ最近、ずっと緊張しっぱなしの状態だったから、土日の休日だけでは、疲れが完全にとれなかったのかもしれない。
 こうなった以上、さっさと帰って、ゆっくりと寝ることにしよう。一日寝れば、回復することだろう。

6月24日 “バッタリ”
 近くのお店で買い物をしていたら、会社の人とバッタリ会った。まさかこんな所にいると思わなかったから、非常に驚いた。
 先日誕生したばかりの赤ちゃんを連れて、本当に幸せそうだった。可愛くてしょうがないと言っていたけれど、まさにそんな感じ。普段から楽しそうな方だけれど、今日の笑顔はそれに輪を掛けて楽しそうだった。羨ましい限り。でも、結婚して太るのだけは真似しないでおこう。
 自分もまた、子供が産まれたら、あんな幸せそうな顔をするのだろうか? 自然に笑顔が出てくる家族が一番だろう。

6月23日 “食べ放題”
 いざ食べ放題となると、あんまり食べなくなってしまう。なぜなんだろう? 今日もケーキの食べ放題に行ったけれど、肝心のケーキはあんまり食べなかった。
 行く前にプールで泳いで、十分お腹は空いていたと思うのだけれど、いざそこにあるものは、気の向くままに食べていいですよ。となると、これがそう食べたくなる。心理的なものだろうか? それとも、性格的なものだろうか? ハングリー精神の方が向いているとか・・・。

6月22日 “送別”
 以前、上司だった方が定年を迎えられこの6月で退職することとなった。一般的な人とはなんか違った視点からものを見ているようで、時に面白く、時に腹立たしく感じることが多々あった分、いざ辞めるとなると非常に寂しく感じる。
 職場の「癒し」の人だったのかもしれない。ピリピリと緊張した空気が流れる第一線現場で、常に惚けた空気を送り、焦る気持ちを抑えてくれるといった様に・・・。長い間、本当にお疲れさまでした。

6月21日 “適職?”
 ITとやらで変電関係の設備も徐々に汎用のコンピュータやネットワーク技術が取り入れられてきている。となると、自然にそういったことに関する仕事は自分の方に巡ってくる。こういった分野から入っていけば、その設備の理解は早く、しかも、最初から得意分野があるのだから非常に嬉しいことだ。
 今日もまた、それらの設備が導入されたことによる初期設定作業を任される。本領が発揮できる絶好の機会。しかも、すべて任されて取り掛かれる。こんなに楽しく仕事ができることもそうないだろう。会社の流れもだいぶ変わっている。その過程に自分がいる。今までの非常識が常識となる。面白い時代だ。

6月20日 “一転”
 朝から激しい雨と風。傘もほとんど役に立たず、パンツの裾がだいぶ濡れてしまった。朝からなんかブルーな気持ちになる。
 しかし、そんな天気も午後になって一転。晴れ間がでてくる。この時期の天気もよくわからないものだ。天気が良くなったので、ずっと雨で延期されていた変電所の精密巡視をやることができる。これで一安心。ずっと延期になっていると、心残りになるからね。

6月19日 “新聞”
 この部屋に引っ越しして依頼、ずっと朝日新聞が届き続けている。しかも無料で・・・。これはこれで、ちょっと嬉しいのだけれど・・・。
 正直、記事が面白くない。なんか内容が薄いというか、自分が求めている情報が少ないといったところ。それに加えて、本当に購読料を支払わなくていいのか、ずっと気掛かりで・・・、ホント、ただより高いものはない。

6月18日 “一人の夜”
 妻が実家へ帰省したので、今夜は一人のびのび?と過ごすはずだったのだが・・・。そういうときに限って、いつも仕事を持ち帰ってきてしまう。
 さっさと寝たいので、急いで仕上げる。スムーズに進んでほっと一安心。よかった。一つ仕事が片付いても、そのころには新しいものが二つやってくるような感じで、なかなか・・・溜まる一方。

6月17日 “怠い。”
 昨日、一日のほとんどをドライブに費やしたせいだろうか? 体中が結構怠い。泳げば少しは楽になるだろうと、泳ぎに行ったものの余計に辛くなってしまった。
 今日は市長選挙の投票日だったので、自転車で投票所へ出掛ける。投票所までは、結構遠い。どうしてこんなに遠いのだろう? ひょっとして近道があったりするのかな? なんて考えていたら、すっかり体が楽になった。なんか不思議。

6月16日 “首振り人形”
 実家へ帰省。途中妻は、本当によく寝ていた。羨ましいくらい・・・。
 しかし、頭を前後左右に・・・ほんとノリノリ? 首振り人形みたいと言ったら怒られた。でも、ここまで激しく振っていると、首が痛くなるのではないかと心配。
 なにか目的があって、帰省したはずなのだが、そのことに全く振れずに帰宅。なにをしに帰ったんだろうね?

6月15日 “県民の日??”
 知らなかった。今日が千葉県民の日だなんて・・・。どおりで電車が空いているし、ディズニーランドだって安くなっているわけだ。
 千葉に移り住んで1年3ヶ月。昨年なんかは、県民の日に全く気が付かなかった。後から気が付いただけでも一歩前進。
 社会人になってしまうと、こういった地方ならではの記念日に鈍感になるよね。休暇にならないから余計にね。

6月14日 “発車ベル”
 いつの間にだろうか。ほとんどの駅の発車ベルがメロディに切り替わっている。まだ、発車ベルが残っているのは上野駅だけだろうか? あっ。京王線は全線ベルだね。確か、駆け込み乗車を減らす目的で、メロディが導入されたような気がするけれど、急ぐときは急ぐし、なんか耳障りなメロディのところもあるし、やっぱり発車ベルの方がいいような気がする。
 携帯電話の着信音もほとんどの人がメロディを使っている。これもまた、自分はなかなか馴染めない。やっぱりベルの方がいいよなぁ〜。

6月13日 “早く帰った日は”
 研修で早い帰宅。これがまた嬉しい。早速、妻と二人プールに向かう。
 の〜んびり、ノビノビと泳ぐ。とっても気持ちがいいよね。でも、最近帰りが遅くなってしまい、こういった日にしか平日はスポーツクラブに行けないことが、寂しい。
 本来なら、もっと時間を見つけて、もっと有効に使うべきなんだろうな。やりたいことが、ずっとやりたいままで終わってしまいそうだ。

6月12日 “眠い”
 昨夜、頑張って起きていたせいで、今日はめちゃめちゃ眠い。通勤電車の中でも、熟睡。会社でも本当に眠かった。
 ところで、電車の中はほとんど座ることができ、すぐ眠りに就いてしまうのだけれど、混んでいて座れなかったら、もっと疲れが溜まるのかな? 中途半端なところで駅に着いてしまい、ぼぉ〜っとしながら、会社に向かったりして悔しい思いをするけれど、やっぱり座れた方が楽なんだよね。

6月11日 “大雨?”
 木更津は雨が降る気配すらしなかったのに、妻に電話をしたら千葉は大雨だという。本当に降っているの?と思いながら、ずっと車窓を眺めて帰路に着く。ずぅ〜っと、雨は降っていないようだったけれど、最後の最後で、ホントいきなり雨が降ってきた。驚いた。いや、別に妻の言葉を信用していなかったわけではないけれどね。
 やっぱり千葉と木更津は別世界だったのね。千葉のところの天気予報を見ていても、当てにならないわけだ。

6月10日 “あじゃりもち”
 阿闍梨餅。これがまた美味しい。もちもちした皮の中にあんが包み込まれていて、食感共に最高。二年前に京都の友達が買ってきてくれて、それ以来、すっかり気に入っている。
 今回もまた、彼は阿闍梨餅を買ってきてくれた。久しぶりに会ったけれど、相変わらず元気そうでなにより。いろんな事が、だいぶ昔のことになってしまっていることが驚きだった。これからもたまに家に遊びに来てくれると嬉しいな。
 しかし、だいぶ5.1chの魅力にとりつかれてしまったようで、物欲に支配されるのも時間の問題だろうな。

6月9日 “豆乳ラテ”
 スターバックス六本木店のオリジナルらしい豆乳ラテを、家で早速試してみる。比較するために普通のラテと両方作ってみたものの・・・。あんまり違いないかも? が、二人の結論。
 豆乳独特の味がエスプレッソで分かり難くなってしまったような感じ。豆っぽい後味が残る程度で、ほとんど差がない。この豆乳ラテ、お店で大人気らしいけれど、ヘルシーなイメージだからなのかな? それとも、他になにか隠し味が入っているのだろうか? 一度試してみなくては。

6月8日 “学校訪問”
 変電所周辺地域への理解活動ということで、学校訪問。何校か小学校を回る。なんとなく懐かしい。こんなになにもかも低かったのかな? 自分が成長したことがよく分かる。
 訪問時間は、結構短かったけれど、その中でだいたいその学校の雰囲気が掴める。公立の学校に通う場合、子供は学校を選ぶことができない。子供も今日自分が感じたように、行きたくなるところと行きたくなるところがきっとあるはず。いや、子供だからこそ、その気持ちは自分以上大きく膨れあがるかもしれない。
 これまで、子供が問題を起こすのは親のせいだ。と考えていたけれど、学校もその一因に十分なり得ると感じた。

6月7日 “使えないお金”
 新しい500円玉が流通するようになって、しばらく経つけれど、まだまだ使えないところがいっぱいある。例えば、会社の自動販売機。古い500円は使えて、新しいのは使えない・・・。その逆があったり、どっちも使えなかったり本当に紛らわしい。
 不思議と、使えない方の500円玉がだいたい財布の中に入っている。極力500円玉を持たないように心がけているけれど、いつの間にか財布の中にいる。そして、彼は財布の中が気に入ったかのごとく、長い間居座る。終いには2,3枚・・・。まったくもって迷惑な硬貨?

6月6日 “マイライン”
 マイラインが開通しているのにも関わらず、案内の葉書が遅れているという情報を聞いたので、妻に確認してもらう。
 そしたら、情報通り、だいぶ前に開通してはいるけれど、葉書の印刷が遅れているとのこと。一部の報道では、登録作業が遅れているといっていたけれど、嘘ではないか・・・。幸いにして、テレホーダイなどの登録はしていないので、通話料金の心配はしなくていいけれど、いくら何でも、登録しましょうと散々PRしておいて、これはないでしょう。
 登録作業が、各電話会社→NTT→マイライン協会と三度もある時点で、円滑な手続きを期待している方が、無理なのかな?

6月5日 “揚げ足取り”
 野党のすることというのは、揚げ足を取ることなのだろうか? 最近の一連の報道をみて一番感じることである。
 人の発言を一言一言分析して、それらひとつひとつに対して、なじり責める。確かに官僚の発言は重要だけれども、それ以上にすることがあるのではないだろうか? そんな分析している時間があったら、将来性のある政策のひとつでも考えて欲しいものである。
 いつからゴシップ好きの政治家が増えてしまったのか? そんな政治家は本当に柔弱に感じる。そんな人が国民の代表だと思うと、嫌になるね。

6月4日 “語る”
 出張で他の事業所に足を運んだので、同期と連絡をとって、一緒に夕食を食べる。
 最初は、お互いの近況報告だけだったけれど、徐々に話が弾んで、本当に沢山のことを話すことができた。彼とは本音で話すことができるので、とても有意義な時間を過ごすことができる。
 こういうことで、また自分を見つめ直し、新たな発見をしたりするんだよね。何事も勉強。それは忘れたくない。

6月3日 “目標”
 午前中に二人でプールに行く。昨日、25mを結構いいタイムで泳ぐことができたので、今日は50mを何本か泳ぎ込む。が、全然続かない。タイムも伸びない。そして、腕が重い・・・。
 もっと筋トレを積んで鍛えないとね。体重もいいペースで増加傾向だし、夏が終わる頃には目標が達成できるように頑張ろう。
 でも、そんな気持ちも、一週間が始まり、仕事から帰ってくるとなくなちゃったりするんだよね。それには、時間内に仕事を片づけて定時に帰ることが必要かな。

6月2日 “自転車”
 やっと自転車を購入。そして、本当に久しぶりに自転車に乗った。何年ぶりだろう。きっと高校の時以来だ。ホント自転車があると、長い道のりも短くなる。行きは歩いていったけれど、帰りは自転車。こんなに近かったのか。
 これから、天気がいい週末は、二人自転車に乗って、近くの公園でのんびり過ごすというのが、増えるんだろうな。歩いて行くにはちょっとと思うところでも、どんどん行けそうだ。そしてまた、いろんな発見があるのだろう。

6月1日 “あっという間の一ヶ月”
 入籍を済ませて一ヶ月が過ぎた。本当にあっという間だ。でも、この一ヶ月にはこれまでにない沢山の喜びがあった。そして、この喜びはさらに大きくなりこれからもずっと続くのだろう。
 でも、まだ彼女が妻になったという感じはしない。ここでは、妻と書くようにしているけれど、自分の中ではまだ、彼女であり恋人。前々から結婚すると・・・云々と聞いてきたことは、ほとんど感じない。まだ、日が浅いからかな。でも、ずっとこの様な気持ちの方がいいよね。きっと。

May / Apr / Mar / Feb / Jan 2001.
Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul /
Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan 2000.
Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul /
Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan 1999.