ラ・ルーチェ -LA LUCE-


この中で何回か掲載しているドルチェ・パッツォの松崎シェフが独立して、ラ・ルーチェというお店を開きました。
場所は府中駅から西へ向かい甲州街道と府中街道が交差する南側にある高層マンション(ライオンズステージ府中シティタワー)の一階。看板はでているのですが、ちょっと目立たないところにあります。

昨年末にオープンしていらいずっと気になっていたのですが、やっとランチを食べに行くことができました。

店内はちょうどドルチェ・パッツォと同じくらい。2人かけのテーブルを基本に32席程度です。

白を基調にした内装で、清潔感があり明るい店内ですが、BGMはジャズを中心にかかっているのかどうかわからないくらい控えめに流れています。

素材の味、会話を楽しむことができるよう必要最低限のスペースといった感じで、これはドルチェ・パッツォを参考にしたのかもしれません。

さて、ランチはパスタを中心に4コースありますが、今回はパスタランチと、さらにそれにリコッタチーズとオレンジの生ハム巻き、ドルチェが加わったランチを注文しました。

写真は、リコッタチーズとオレンジの生ハム巻き。アンティパスト(前菜)ですが、厳選された素材を使っているためか、デザートのように甘い仕上がりでした。

一方パスタランチには、トマトとコンビーフのブルスケッタがアンティパストとして出されます。素材の味を楽しめるようあくまで味付けはシンプルに仕上がっていました。

アンチョビとケッパーのパスタです。
パスタの湯で加減が絶妙で、最高の歯ごたえでしたが、アンチョビとケッパーという組み合わせのせいかちょっとしょっぱかったのが残念です。

しかし、なかなかここまでいい湯で加減でパスタを提供してくれるお店は少ないだけに、大満足でした。

一方こちらは、イカとほうれん草、フレッシュトマトのパスタです。

イカが非常に柔らかく、そしてとてもいい香りを出しているので、それだけで食欲がそそられます。こちらの方は、非常に薄味になっているため、イカ、ほうれん草、トマト、パスタそのものの味を楽しむことができながらも、それぞれが強く主張することがなく、程良く相まって最高でした。

ドルチェは、ティラミスでした。
ドルチェ・パッツォで食べたときと変わらず、甘さを控えたデザートです。可もなく不可もなくといったところですが。。。

ラ・ルーチェでは、食後にコーヒーを飲んで欲しいのか、比較的低価格でドリンクが提供されています。
丁寧な仕上がりなだけに夜のコースはそれなりの価格になりますが、なぜかドリンクだけは、低価格でその安さが目立っています。

住所 東京都府中市宮西町1−18−6
ライオンズステージ府中シティタワー1F
TEL 042-354-0188
営業時間 11:30〜14:00
17:30〜23:00
定休日 月曜日



close...

- BRIDGE - in the case of yuji&yuka...